スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
ベロ〜〜〜ンw
 七月の中頃、私が牛好きというのもあり三日月にもお初の動物を
見せようと佐田町のカウベルさんにやって来ました。

佐田町は自然が綺麗で曇っていたものの清々しい空気でした。
ここの所、夏らしくない(梅雨は明けたのかしら??!)
お天気で拍子抜けしています。。異常気象でしょうかね。。。
温暖化防止・空気浄化になるので、木を植えるサークルなり団体なりに参加して植樹したいです。
私たちは自然の恩恵を授かっています。共存したいですね。(話が脱線してしまいましたw)

カウベルさんで米粉のもっちりとして美味しいパンを買った後、
牛舎の方へ行き、丁度エサをあげている方に御願いして
別の牛舎に子牛がいるとの事で観させて貰う事にしました^^

一列目は少し大きめな子牛さんでした。
二列目はまだ生まれて少しの子牛さんでした。
私は大好きなのでナデナデさせて貰いました。牛の顔って
濡れた大きな黒い瞳でまつ毛が長く、鼻はヌルヌルしていて
穏やかな仕草・・・本当に愛らしいな〜〜って改めて思いました。

三日月の反応はというと怖がりもせず、ただじっと眺めていました。
子牛さんの方が積極的に、、、ww



となりました。これは貴重な1ショットです!!

帰る途中、湧水が流れる神社を見つけ涼みました。
色んな種類の蜻蛉や大きい木が茂っていました。
神社というのはその土地の1番良い場所にあるそうです。

のどかな1日となりましたとさ。
00:00 日記 comments(0) trackbacks(0)
暗闇に浮かぶ黄緑色の光
 7月のとある日の少し蒸し暑い夕刻。

幾度となくチャレンジを続けていたアレ探しを、
大社の山あいに求めてかれこれ30日が過ぎようとしていた。

まぁ今年の夏は前年に比べ前半涼しいという事もあってか、
目的のアレにはお目にかかれないままに時が過ぎ、

「今年は、もういないのかな?」

と思うようになっていながらも、その日も車を走らせていた。

急遽目的地を稗原方面へ変更した頃には、辺りは暗闇に包まれようとしていた。

山あいの水田が見える場所に車を止め、目を凝らして辺りを見回してみた。


・・・・・が

アレはいない!

私「こんな場所にいるわけがないか・・・」と相方にボヤキながら
次の場所へと移動をはじめる。

しばらく走ったところに、小高い田畑まで続く道と小川を発見!!

なんと!



今年は見えないと思ってたけど、そこにはたくさんの
黄緑色の光が乱舞して幻想的でした。
うちの三日月もめずらしそうにキョロキョロして眺めていました。
私達家族は、感動してその場でしばらく佇んでいました。

今後も、昔ながらの日本の風景を観せていきたいと思います。

00:00 日記 comments(0) trackbacks(0)
6月頃三日月が熱を出して、、、
 自分の右手が痛痒く病院に行っていた時だったせいもあり気付かなかったのですが、相方が三日月が熱っぽいと言っていました。

翌日熱が37.8℃迄上がり、、、あたふたしているのに相方は平気な顔をして電話していました。。しっかりしろと言われてしまいました。熱は初めてだったし、ボーっとしてだるそうで心配になったので。。

すぐさま土曜もやっている初めての小児科に行きました。
病名を言われる迄不安でした。。
突発性発疹か風邪との事でした。抗生剤を貰いました。本でも調べましたが、良くかかる病気みたいです。冷やして水分を取るとの事でした。

夜熱が38℃迄上がり居ても経ってもいられず、相方にアイスノンを買って来て貰いました。熱は二日くらい続いたと思います。その間、私は治る事だけを祈っていました。夜中も横になって寝るのが辛そうで、外で抱っこしているうちに寝ていました。自分のこと以上に気掛かりになるものですね。。。

発疹が出始めて、痒がって余り寝てくれないし飲まないのでまた小児科に行きました。よっぽど私が心配そうにしていたのか、先生に痒がってもしっかりみてあげて下さいね!大丈夫ですからと言われる始末。。。母親がしっかりしないと子供に伝わると相方にも言われていました。。
目の前に事象が現れても気にしない強い母親になりたいと心に誓いました。

四日目に発疹は綺麗に引いていきました。これで1つ良い経験をしました。
今はあせもが出ていますが、余り気にしない様にしています。清潔にしています。
7ヶ月で歯も下の歯と上の歯が出始めてギシギシと歯踏みをしていますw
「タイタイタイ〜・マンマンマン」とお話していますwこうしてみていると色んな発見があり、面白いです。

私の母が今日新聞に投稿した文章を載せます。
微笑ましく、感動しました^^


00:00 日記 comments(0) trackbacks(0)
珍客
 一昨日の出来事。

その日も、暑い暑いと思いながらパソコンの画面とにらめっこを
していた私だったのだが、

あれ? もうこんな時間になってる(腹時計で7時かな)
そんなこんなで作業の手を止めようと思っていると・・・

・・・ん?

何やら外が騒がしい。(何かあったのかな?)ので外へ出てみることに。

家から外へ出るとすぐ川があるんだけど、なんと川に人だかりが・・・

で、近くまで行ってみたのだがそこには白鳥が2羽(子供連れ)がいた。
川岸でおじさんが与えたパンをしきりに食べていたのでした。
でも、この風景は良く見かけるんですよ。

例えば、カモやガン、カモメやトンビ、サギの中間などなど。
鳥には不自由しません(笑


その後、子供に鳥を見せに行ってた相方の叫ぶ声が川岸から・・・

「はやく!はやく! デジカメ持って来て!」 ・・・と
私「はぃはぃ(大声で叫ばなくても聞こえてますよ)」

で、デジカメを持っていくとそこには・・・
白鳥を狙う鶴が・・・(ぇ

じゃなくて、パンのおすそ分けに与りたい鶴がいました。





マナヅル

全長約130センチメートル。顔が赤く、頭部から首が白い。体は灰色。シベリア東南部、中国東北部、モンゴル北部で繁殖し、冬期には朝鮮半島、中国南部、日本に渡る。日本では鹿児島県出水市に冬鳥として約1000羽が渡来する。4月ごろ湿原に営巣し、2卵を産む。抱卵は主に雌がする。抱卵期間は30〜33日である。個体数はさほど少なくないが、保護の必要がある。

個人的に、白鳥は目前で見た事があってわりと大きいイメージだったのだけど
マナヅルはその白鳥の倍くらいの背丈が・・・(汗
眺めていると、片足を上げ羽をバタバタさせていました。
初めて鶴の舞を観たのでした。荘厳です。
頭の先から尾までの濃淡が墨絵の様で美しいです。
目の周りが赤く縁取られていました。

ということで、鶴も自宅前の川のメンバーになりましたとさ。
00:00 日記 comments(0) trackbacks(0)
GW
 半年以上ブログを書いていなかったわけですが、
もういい加減という事で;

GWの事。いつもその場所の近くを車でよく通ってはいたのですが、
まだ立ち寄った事がないということで石照庭園へ行く事になりました。
娘ひとりを残して行く訳にはいかないので娘も連れて行くことに。


http://www1.san-in-tabi.net/article.php/sekisyo

石照庭園は、裏手の山を利用した池泉式で、石楠花(シャクナゲ)など
の花々などが楽しめる散策路がある庭園です。



当日は、5月にしては気温も高く暑かったので長居はできませんでしたが、
庭園内にある池を気持ちよく泳ぐ鯉や、散策路など印象に残る庭園でした。
帰りがけには、庭園の管理人さん?(夫婦でされているのかな?)が、
「お茶でもどうぞ」と、風通しの良い庭が見える休憩室へ。

「どちらからお越しですか?」などなど話の最中も

娘はおじさんの顔をじっと見ていたわけですが、
これにはさすがにおじさんの方が驚いた様子で一言。

「そんなにじっと魅入られると照れるがな」と・・・(沈黙の時間

【照】れるがな = 石 【照】 庭 園

言うまでもなくふたりは顔を見合わせ笑っていました。(ぇ

久しぶりに自然の中で心も身体もリフレッシュできた一日でした。
00:00 日記 comments(0) trackbacks(0)
放置してしまい、、、(^^;
 何というか気楽な毎日を書けば良いものを、
色々と考えて中々書くタイミングを逃してしまってました。
考え過ぎは良くないですね。
気温が低いので、布団を出したり厚着にしました。
もうすっかり秋ですね。秋刀魚が美味しい季節です。

体調も日々様々なので、目まぐるしい毎日です。
この間の健診でもお腹の赤ちゃんは日々すくすくと育っている様で、
嬉しい限りですな〜♪性別も女の子と判明しましたw
実家がある松江で出産する予定なので、そちらの病院に健診に
行っています。しかし七ヶ月ともなるとお腹がポコッと出て来ましたわw
産む時に肺活量がいるので、毎日一時間は歩いた方が良いとの事。。。
結構ハードですよね。未だ実効せずですが汗w
出来る時はしようと思います。相方にも付き合って貰おっと

いつもお腹に話しかけています。夜胎動がいっそう激しくなるので、
「どうしたの?!」とか「気持ち良い?!」と言うとポンポン蹴って
返事をくれます。何か面白嬉しいですw
元々夜は寝付けなかったのですが、何とか寝る努力をしてみようと
思います。目が合わなくてもじっとしてるとか。。。
TVを付けてしまうと観てしまうので止めようと思います。
やはり規則正しい生活リズムにしないと赤ちゃんの為にも。
眠れる時に寝ても良いとは言われたけれど。。まあ臨機応変かな

そういえば中頃は日本の滝100選の広島の常清滝を観に行きました。
落差126mの三段滝で、岩肌と流れる水が水墨画の様で荘厳でした。
階段がちと険しかったですが、何とか観る事が出来て良かったです。
滝はマイナスイオンも出ているし、観ていると落ち着いて
清々しくリラックス出来るので大好きです。
普段車は気持ち悪くなる事があるのですが、この時は何故か気持ち良く
ドライブする事が出来ました。気の持ち様もあるのかな。
とにかく楽しかったです♪



赤ちゃんの名前も段々出揃ってはきていますが、まだ決定ではないです。
両親とも相談して決めようと思っています。
画数もですが、意味合いも重要かなと。。中々難しい所です。
日々喧嘩もありますが、なるべくのんびり穏やかに過ごす事を心掛けています。
元気に生まれて来てね〜♪
00:00 日記 comments(0) trackbacks(0)
心臓が止まりそうな出来事
 5月19日に日記を書いてから、2ヶ月以上過ぎていました(汗

それでは、2ヶ月の間にあった出来事をご報告したいと思います。

相方の体の調子が悪く状態としては、緊急事態レベル5であったにも
かかわらず私は相変わらず忙しい日々・・・

なかなか体の状態についての突っ込みが足らない私だったのですが、
仕事のため、相方と車で小一時間ほど走る機会があったので、
根堀葉堀聞いてみる事に・・・

ちょうどその日は天気が悪く一日雨が降っていました。
お昼を食べられず、二人ともおなかが空いていたのでたこ焼きを
買って食べる事になりました。
普通のたこ焼きだったのですが、帰りに相方が気持ちが悪くなった
(相方はこれまで車で気持ちが悪くなった事がなかった)ので、
家路を急ぐ事に・・・

結局聞く事ができず家に着いたのですが、
自分から、体の状態を話し始めたのでしんみり聞いていました。

相方:
「生理不順からはじまり、子宮が痛い、子宮から血が出る、子宮が重い等、子宮の病気じゃないのかな。」

私:
「前に調子が悪くなって、産婦人科や泌尿器科へ行った時のような感じ?」

相方:
「違うよ。血が出てるし、とても不順なの」

私:
「思い切って病院で検査してもらったほうがいいよ」

相方:
「怖いからいやだ。」

私:
「・・・・・」

この会話をしてから、約3週間後にとうとう相方は観念し病院へ。

さほど心配していなかった私でしたが、なかなか帰って来ないので
電話をしようかどうしようか迷っているところに、相方の車の音が・・・

玄関に出て、おかえりと声をかけると相方は真剣な眼差しで私に
1枚の写真のようなものを渡しました。(私:ドキッ!!)

エエエエエエエエエエエエッ!!!!!!!!!!




私は、この写真を見た瞬間(私の脳味噌は、子宮癌細胞)額から大粒の汗が・・・・・

私:「これってもしかして・・・」

相方:「そうだね〜。大変だよこれは」

私:「・・・・・」

相方:「・・・・・」

その場に立ちすくんだ私たち(2+1)人の顔は笑っていました。
00:00 日記 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
profilephoto
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
LINKS
SPONSORED LINK