スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
夢が叶う橋なのだけれど・・・
12月末に1日の休みを利用し、家族で広島方面に出かけました。
私達は、出かける時は必ず何かしら目的があるのですが、

今回もその『目的』の場所へ

午前中、三次市の鳳源寺へ。






赤穂義士大石内蔵助が手植えしたと言われる桜や、赤穂浪士47人の出立の姿を模した木像がある義士堂などがある、いわゆる忠臣蔵にゆかりのあるお寺でしたが、隣にも同じようなお寺があり最初間違ってそちらのほうへ。
妙にお墓が多くおかしいなぁとは思っていたのですがいやはや今日も先が思いやられそうな予感でお寺を後に次の目的地へ。

午後から向かう所が本日のメインだったわけですが、
その場所は、山奥の湖にありました。

芦田湖(八田原ダム)広島県世羅郡甲山町
人造湖である芦田湖には、夢吊橋がかかっている。






この夢吊橋を渡るがために遠路車でやってきたのだ(汗
この夢吊橋はケーブルをコンクリートで包み込んで床板とする単径間吊床版構造が採用されており、橋の支間長147.6mはこの形式の橋では世界一長い。
また、この湖には他に斜張橋の八田原大橋と井庄原大橋の二つの橋がある。

写真で見ると一見普通の橋に見えるのだが・・・



マジですか?











橋脚がないやん(怖


子供を連れて渡りだした頃、妙なタイミングで、対岸に
別の観光客が・・・

渡り始めたのはこっちが先。

当然橋の中央にはこちらが先に・・・

・・・・・

・・・・・

中央にさしかかったその時事件は起こった。


かすかにだが、揺れてる;;
この体に感じるか感じないかの微妙な揺れが、
ひじょーに心臓にこたえる(笑


うちのかみさん早足になってる。

やっとの思いで渡りきった私たちには、すぐに忘れられる一時の達成感が。
写真を撮ったり景色を眺めたりと自然に浸る時間を過ごした。


だが安堵もつかの間。

二人顔を見合わせ、二人の目が点に・・・
うちの子は、ケロッとしてる。

これ、また渡らないと車まで戻れないよね。

私「さぁ戻ろう」
嫁「これ、湖の岸を遠回りして戻れないかな」
私「無理だね(笑」

私たちには、心地良い疲れと癒しの旅になりました。
 
00:00 日記 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
00:00 - - -
comment









trackback
http://w-w-blog.jugem.jp/trackback/4
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
profilephoto
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
LINKS
SPONSORED LINK